2018年ロシア W杯大会について

ロシアは2010年12月に2018年サッカーワールドカップを開催する権利を獲得し、トーナメント予算は200億ドルを超えました。 2018年FIFAワールドカップ(英語:2018年FIFA World Cup)は第21回世界大会です。 試合日程は2018年6月14日から7月15日まで、ロシア国内11つ都市の12つスタジアムで行われます。

2017年10月12日までに、既に23チームがロシアワールドカップの出場資格に取得した。 2017年11月10日の早朝に、FIFA(国際サッカー協会)は2018年ロシアワールドカップの試合着用サッカーは「Telstar 18」を発表しました。 2017年11月16日、2018年ロシア W杯に参加する32チームは全部決めた。 2017年12月1日、ロシア・モスクワのクレムリンで2018年FIFAワールドカップ決勝抽選儀式を行われたが32チームに分かれ、8つグループチームに分かれました。

それは、2018年のワールドカップが初めてロシアで開催されただけでなく、初めて東欧で開催されたことにも言及する価値があると同時に、2006年ドイツワールドカップ以来、ヨーロッパで再び開催されと評価します。

次は、ロシア W杯大会可愛い公式マスコットを一緒に見てください。

W杯本大会でマスコットが正式に披露されたのは1966年のイングランド大会における「ワールドカップ・ウィリー」と呼ばれたライオンが初めて。これ以降の12大会でそれぞれ登場し、82年のスペイン大会では果物オレンジをかたどったキャラクター、86年メキシコ大会では特産のトウガラシを素材にしたキャラクター、2014年のブラジル大会では動物のアルマジロなどが選ばれていた。

本当に可愛いでしょうね~W杯ロシア大会マスコットが決まった後は、この可愛いキャラクタの名前を決めなければならない。

W杯ロシア大会マスコットの名前はザビワカですが、ザビワカは ロシア語「ゴールを決める者」という意味です。