admin のすべての投稿

日本代表 2018 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ

日本代表は2018ロシアワールドカップ出場資格も取得したが、国民達にとって本当に喜ばしいことでしょうね~自分国家の代表は国際大会参加なんて誇り値することだと思います。皆様は、ロシアワールドカップ大会をきっと観戦するでしょう、その時自分応援したい代表チームが着用ユニフォームを着て、試合を見ながら、サッカーファンにとって一番幸せなことですよね~今、日本代表 2018 ユニフォーム アウェイを紹介します。

(イメージ写真をリンクして購入可能、写真はイメージです)

見た目は上品なセンスでしょうが?

【デザインについて】
1、サッカー日本代表アウェイユニフォーム、レプリカのため、余裕のあるシルエットを採用しています。

2、ユニフォームホームの濃いブルーに染める前のまっさらな白い生地からインスピレーションを受けたデザインを採用。

3、日の丸のカラーである白と赤を近未来的にライトグレーで表現し、光リ輝く未来をイメージ。

4、左肩のグラフィックは、日本が初めて優勝した国際大会である1992年のダイナスティカップで着用したデザインを現代風に再現。

5、三つのバーは、それぞれ微妙に異なるデザインとグラデーションカラーで日本人のきめ細やかさを表現。

6、過去/現在/未来という時の流れを表現しており、より強い日本の未来を創造できるようにと言う想いが込められています。

7、ベースカラーとなっているライトグレーは、光の当たりによって色が変わり、光輝く未来を表現。

8、首元の内側には、過去5大会のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置。過去20年で積み重ねてきた経験を背負い、勝利をもぎとる強い意志を表現。

9、協会エンブレム、日本国旗は織りワッペン縫い付け。メーカーロゴは刺繍。

只今、サッカー 日本 代表 ユニフォーム 激安ですが、色々なキャンペーン活動も用意して、ご購入ほしい方はぜひこちらへ~チームオーダーもできる、チームオーダー方は大歓迎です!

スペイン代表 2018 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 予約販売

今回のW杯出場各国代表チームといえば、実力がある選手揃っての各国代表チームですね~皆さんはどちナショナルチームを好きでしょうが?私はスペイン代表がお好きですが、サッカー強国としてのサッカースペイン代表、2018年ロシアW杯大会出場を決めたが、W杯大会表現も期待しております。

次はスペイン アウェイ ユニフォーム 2018を簡単に紹介いたします。サッカースペイン代表を愛するファン達に参考になれば幸いです。

下記はスペイン代表 2018 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカのイメージ写真ですが、御覧ください。

見た目はオシャレなセンスでしょうね~さすが極めてロマンチック国であり、元シンプルなホワイトベースカラーに、目立ちの混じり合ってストライプを大胆にプリントしてデザインを採用され、人にファッション感覚を与える。

【デザインについて】

1、サポーターの観戦時の着用を目的に作られた【レプリカ】モデル為に、横幅などに余裕のあるシルエットを採用。

2、圧倒的な力でフットボール界を席巻した2008年から2012年の黄金期を蘇らせるべく、2012年アウエイユニフォームホームからインスパイア。

3、2012年アウエイユニフォームの水色をベースに、前面には80年代以降のアディダスフットボールグラフィックをミックスしたコニックデザインを大胆にプリント。

4、襟元と肩、袖口にはオレンジストライプをデザインに採用。

5、協会エンブレムは織りワッペン縫い付け。

6、メーカーロゴ、協会エンブレムは刺繍。

今、スペイン代表 2018 ユニフォーム アウェイ 半袖 レプリカ 予約販売中ですが、気に入り方はぜひこちらへ~

 

2018年ロシア W杯大会について

ロシアは2010年12月に2018年サッカーワールドカップを開催する権利を獲得し、トーナメント予算は200億ドルを超えました。 2018年FIFAワールドカップ(英語:2018年FIFA World Cup)は第21回世界大会です。 試合日程は2018年6月14日から7月15日まで、ロシア国内11つ都市の12つスタジアムで行われます。

2017年10月12日までに、既に23チームがロシアワールドカップの出場資格に取得した。 2017年11月10日の早朝に、FIFA(国際サッカー協会)は2018年ロシアワールドカップの試合着用サッカーは「Telstar 18」を発表しました。 2017年11月16日、2018年ロシア W杯に参加する32チームは全部決めた。 2017年12月1日、ロシア・モスクワのクレムリンで2018年FIFAワールドカップ決勝抽選儀式を行われたが32チームに分かれ、8つグループチームに分かれました。

それは、2018年のワールドカップが初めてロシアで開催されただけでなく、初めて東欧で開催されたことにも言及する価値があると同時に、2006年ドイツワールドカップ以来、ヨーロッパで再び開催されと評価します。

次は、ロシア W杯大会可愛い公式マスコットを一緒に見てください。

W杯本大会でマスコットが正式に披露されたのは1966年のイングランド大会における「ワールドカップ・ウィリー」と呼ばれたライオンが初めて。これ以降の12大会でそれぞれ登場し、82年のスペイン大会では果物オレンジをかたどったキャラクター、86年メキシコ大会では特産のトウガラシを素材にしたキャラクター、2014年のブラジル大会では動物のアルマジロなどが選ばれていた。

本当に可愛いでしょうね~W杯ロシア大会マスコットが決まった後は、この可愛いキャラクタの名前を決めなければならない。

W杯ロシア大会マスコットの名前はザビワカですが、ザビワカは ロシア語「ゴールを決める者」という意味です。